レビュー ワイヤレスイヤホン

SOUNDPEATS Opera05ワイヤレスイヤホンレビュー:LDACにBAドライバ搭載で超高音質

SOUNDPEATS様よりワイヤレスイヤホン「Opera05」をレビュー用に提供していただきました。
Opera05はハイレゾ対応で「LDAC」コーディックに対応しています。
更にバランスド・アーマチュアドライバ2機とダイナミックドライバ1機のハイブリッド仕様になっています。
それでいて通常価格は13,999円とかなり控えめです。

それでは使用感をレビューしていきます。

スペック

BAドライバ搭載で音質重視ですがANCもあるので普段使いもいける優等生型。

これは何? ハイレゾ対応ワイヤレスイヤホン
対応コーデック SBC,AAC,LDAC
ケースと本体含む重量 61g
本体重量(片耳) 8g
防水防塵 IPX4
Bluetoothバージョン 5.3
操作 タッチセンサー
充電 USB Type-C
操作 タッチ操作
バッテリー持続時間 イヤホン単体9時間、ケース込33時間
その他 アクティブノイズキャンセリング、外音取り込み、装着検知
ワイヤレス充電やマルチポイントが非対応。その分価格は抑えめ。

外観


箱。イケおじ。


Type-Cとイヤーピースと説明書がついています。イヤーピースは4サイズ、説明書は日本語を含む多言語対応です。


カバーも提供していただきました。



ケースはマッド地にキラキラした加工が施されています。フレームはゴールドとブラウンの中間で高級感があります。
ケース
裏にはTypeCがあり充電を行えます。

左横にはペアリングボタンがあります。


本体をケースに収納しようとするとマグネットで引き寄せられるので収納は楽です。


重量は本体込で61g。本体の片耳は8gです。


本体。高級感があります。ただし少し大きめ。


耳にはめるとこう。大きいものの持ちやすい。

アプリ


iPhoneやWindowsでペアリングするとAACで接続、XperiaやPixel、WALKMANだとLDACで接続可能。SwitchはSBCでの接続になります。

iOSとAndroidアプリもあります。先に設定をすましちゃいましょう。

SOUNDPEATS

SOUNDPEATS

yong yang無料posted withアプリーチ

アカウントを作成しログインしたあと機種を選択するとHOME画面が表示されます。

設定画面から変更可能な項目は以下の通り

  • ボリューム
  • アダプティブイコライザー
  • イコライザー
  • ノイズキャンセリング
  • タッチキー無効化設定

アダプティブイコライザー

簡単なテストを行い、自分の耳にあったイコライザーを設定してくれます。聞こえにくい音を聞こえやすくしてくれるので曲が豊かになります。

表示が中国語になっていますが、青いボタンが「聞こえる」ボタンです。

音楽聴いてみた


本機は2機のバランスドアーマチュアドライバと1機のダイナミックドライバを搭載のハイブリッド仕様ドライバのサイズは12mmと大きく音は抜群に良いです。初代AirPodsやPixle budsなど2万円クラスのイヤホンより圧倒的に音が良い。
BAドライバがあるとボーカルの聴き心地が段違いで聴いていて楽しいですね。

聴いた曲はホロライブのVtuber「ときのそら」の「デジタリックリリック」。非常に高い曲ですがそこをうまく表現できています。
BAドライバを3機搭載した有線イヤホン「XBA-300」を持っていますので聴き比べしましたが、それに近いレベルまで表現できています。勝っているわけではないものの、たいていの人はOpera05で満足出来るレベルには仕上がっています。
こちらはダイナミックドライバも1機あるので低音も楽しめます。

アクティブノイズキャンセリングは自然な感じです。最大30dbカットを謳っています。まあAirPodsやPixle budsなど大手ほどの強力なノイキャンではないものの、音楽鑑賞を邪魔しない程度には仕事してくれます。弱の扇風機とかならしっかりと消してくれます。
外ではオンが良いでしょう。
原理上どうしてもホワイトノイズが発生するのでもともと静かな環境では通常モードのほうが良いかもしれません。

外音取り込みモードもしっかり対応。カナル型のイヤホンですが、このモードをオンにすると詰まってた耳が開放されたように外の音が聞こえやすくなります
声もしっかり聞き取れますが、もとの音楽が全くボリュームが下がらないのでそこは手動で下げたほうがいいです。
AirPodsだともっと強力なマイクで外の音を拾いにいくし、音楽は遠目になりますがOpera05はだいぶアプローチが違いますね。

低音域:★★★★☆
中音域:★★★★★
高音域:★★★★★
ノイズキャンセリング:★★★☆☆
外音取り込み:★★★★☆
遅延:★★★☆☆

まとめ

ココがおすすめ

BAドライバ搭載で音質強し。ANCや外音取り込みモードも備わっている。コストパフォーマンスも良い。

ココがダメ

ワイヤレス充電に対応していない。マルチポイントも非対応。

久々に音楽を聴いて楽しいと思いました。AirPodsやPixle budsは便利なものの、音楽を聴いていて楽しさはあまりありません。一方Opera05は音質がとても良く女性ボーカルの曲を聴くのが楽しいです。ANCや外音取り込みモードもあるのでその点は問題なし。
やはりイヤホンは音だと思いましたね。

アナウンス

こちら、どこで売っているかというと現在「makuake」という応援購入サイトで支援して手に入れられます。早く支援すればより安価に入手可能でOpera05は4月22日の時点で10,080円となっています。
BA1機、DD1機のコスパ重視モデルOpera03なら現在8,250円とかなり安価に購入できます。これは気になりますね。
そういえばPR担当の人からの伝言だけど、支援総額が3,000万円を突破したら品質保証期間を6ヶ月延長してくれるらしい。クラファンものは保証不安だからこれはありがたいね。ぜひ支援しよう。

現在の価格と在庫状況、製品の詳細な情報はmakukeをチェック!
https://www.makuake.com/project/soundpeats_opera/

-レビュー, ワイヤレスイヤホン
-, ,