レビュー

Galaxy Tab S7レビュー:Androidタブレット最高峰の使い心地

2021年5月15日

SamsungのハイエンドAndroidタブレット【Galaxy Tab S7】を購入しました。購入した目的や使用感を書いていきます。

スペック

定価は149.99ドル。私はExpansysで6GB/128GB版(SM-T870)を63,990円で購入しました。サイズ的にはS7+(12.4インチ)の方が好みなのですがプラスの方は有機ELということでタブレットだと液晶の方が良いかなと判断して無印の方にしました。無印でも画面キレイだし、コストパフォーマンスが良いという理由です。

これは何? Androidタブレット
OS Android 11
本体サイズ 高さ 253.8 mm、幅 165.4 mm、奥行き 6.3 mm
重量 498g
防水防塵 X
WiFi Wi-Fi 2.4 GHz + 5 GHz 802.11a/b/g/n/ac/ax 8x8 MIMO
Bluetooth Bluetooth 5.0 + LE、A2DP(コーデック: SBC,AptX, AAC,LDAC)
SoC Qualcomm Snapdragon 865+
RAM LPDDR5 6GB
ストレージ UFS3.0 128GB
ディスプレイ 11.0インチ 1600 x 2560 (WQXGA) 120Hz LTPSTFT Gorilla Glass3 HDR10,HDR10+,HLG
バッテリー 8,000 mAh
充電 USB Type-C 3.1 Gen1, USB PD3.0 PPS 45W
GPS A-GPS, GLONASS, BDS, GALILEO
DRM Widevine CDM:Scurity Level L1
SIM WiFiモデルはなし,microSDXC対応
モバイルネットワーク WiFiモデルはなし
アウトカメラ 広角:13MP S5K3M5 超広角:5MP
インカメラ 広角:5MP
その他 Sペン対応,DP Alt Mode対応

AndroidOSでは数少ないハイエンドタブレット。最上位チップSnapdragon865+を搭載し文句なしの性能となっています。

ベンチマーク

Antutuベンチマーク[682,475],ストレージの読み込み速度[1508.91 MB/s],3DMark Wild Life[4312],Geekbench 5[Single970,Multi3227]

Galaxyは伝統的にベンチマーク低めなのでこんなもんかと。と言っても十分過ぎるスコアです。

これだけあれば文句なし

PCMark for Androidでバッテリー持ちを測定したところ11h7minでした。タブレットとしてはかなり短いですね。ただこれは120Hzだからでしょう。実際には60Hzの動画再生中や静止画表示中は60Hzになるので普通に使っていれば気になるほど異常にバッテリーが減るというわけではありません。ベンチマークはあくまでもベンチマークです。

外観と付属品

外装から高級感があります。

カラーはミスティックブロンズにしました。ラグジュアリーで良いですね。

日本以外で発売されているGalaxyはSAMSUNGの文字が刻印されているのが特徴です。

充電器は付属していますがUSB PD PPSに対応している充電器を使用するのをおすすめします。

スピーカーはAKG監修のようです。

WiFiモデルではSIMスロットは使用不可でmicroSDカードのみ利用可能です。

ワコム監修Sペンはこの部分に載せて充電しますがこれでは画面を伏せなければいけません。

ですが実は本体左側面にもSペンをくっつけることが可能です。こちらからでは充電はできませんがくっつける分にはこちらの方が良いですね。

まあここ本来は純正外付けキーボード【Keyboard Cover】をつける用の場所なので本来の使い方とは違いますし正規ポジションと比べると落ちやすいのであくまでも参考程度の情報です。

ディスプレイは16:10でメディア視聴向き。ベゼルも狭め。高解像度でHDRにも対応しているため綺麗です。

重量は500g未満です。

説明書は中国語でデフォルト言語も中国語なのでびっくりしましたがちゃんと日本語にも対応していました。

アクセサリー

PDA工房のアンチグレア保護フィルムを使用します。

いい感じに反射が抑えられます。

ウマ娘をプレイ

動作は申し分ないのですがアプリ側がデバイスに最適化されていないためか解像度が落ちてしまいます。せっかくの性能とディスプレイの高解像度を活かせないのは残念。でもまあ動くだけましですかね。

カメラ

広角超広角のデュアルカメラ。超広角は0.5xと結構画角広めに撮影できますが解像度が低いのが不満。まあタブレットなので及第点ではあります。

このご時世なので外に出て撮影はしばらくできません。なのでタペストリーの撮影で勘弁してください。

お絵かき

CLIP STUDIO PAINT -プロが愛用、マンガやイラスト、アニメーションを自由に制作-

CLIP STUDIO PAINT -プロが愛用、マンガやイラスト、アニメーションを自由に制作-

CELSYS,Inc.無料posted withアプリーチ

クリスタはiPad版が有名ですがAndroidではGalaxyが先行して対応しました。

ただ、私はアイビスペイントを使用しています。クリスタの方が機能が多く低遅延なのですがアイビスペイントは無料ですしさっと描くだけならこっちの方が手軽です。

アイビスペイントX

アイビスペイントX

ibis inc.無料posted withアプリーチ

 

落書きですが絵を描いてみました(響木アオちゃん)。流石にiPad Pro(2020)ほどの低遅延ではないです。2世代ほど前の無印iPadと同じくらいです。とはいえ普通に描けます。その辺のスタイラスペン対応ノートPCよりは遥かに低遅延です。

Apple Pencilとは異なりペンは細め&軽め。ボタンは物理。ダブルタップか物理ボタンかどちらが良いかは好みが分かれるところです。

生体認証

Galaxy Tab S7は電源ボタンに指紋センサーがあります。Xperiaみたいなものです。精度も良いです。ちなみにS7+では画面内指紋認証のようです。

指紋認証に加えて顔認証もありますが、こちらはインカメラによるなんちゃって顔認証なのでセキュリティが劣り画面ロック以外の用途には使用できません。精度もイマイチ。

Samsung Dexモード

オルタネートモードを拡張したSamsung Dexモードが本機では使用可能です。
Samsung DexモードはまるでデスクトップPCのようなマルチウィンドウ環境でアプリを操作できるモードです。単独でも使用可能ですが、外部ディスプレイに出力することで真価を発揮します。

純正ドックを使用するとより効果を得られるようなのですが今回はC to HDIMケーブルを利用します。

HDMI対応24インチディスプレイに出力できました。操作はGalaxy Tabを使う、もしくはワイヤレスマウスで操作可能です。

ブラウジングはめっちゃ快適。マウスとキーボードがあればブログ編集もできちゃいます。

Snapdragon865+はかなりパワフルなのでたくさんアプリを起動しても快適です。

まとめ

ココがおすすめ

価格が下がってきておりコスパに優れる

ココがダメ

ペンはまだ課題が少しある

スナドラ865+ですがタブレットなので発熱も問題なく快適でした

公式Webサイト

Samsung Galaxy Tab S7 & S7+ | Samsung US
Galaxy Tab S7

Work hard, play hard on Galaxy Tab S7 and S7+. Add a keyboard cover for a PC experience or use S Pen ...

www.samsung.com

Expansysで購入

https://www.expansys.jp/samsung-galaxy-tab-s7-11-sm-t870-wifi-128gb-mystic-black-325413/

-レビュー
-, , ,